純粋に友達が欲しいなら

出会い系サイトを使い始めた人が感じることにひたすら女性にメールを送付しても常に返事が来るとは限らないことです。
また返信を期待していなかったのにメールが来るとそのお返しの言葉を全く考えていなくてうろたえてしまう人も少なくありません。だからといって嬉しさのあまりセカンドメールに愚直に自分の思いだけを長々と書き連ねるのは相手にはあまり喜ばれないでしょう。長文でアピールしても最後まで読まれなければ意味がないので、一気に読める適度な文章の量で返信しましょう。気の合う友人がそばにいなくて困っている人は、出会い系アプリで多くの人たちと知り合うというひとつの選択肢ではないでしょうか。出会い系サイトの利用者の中には、て、恋人も見つかったが相性の良い友達まで見つかったというケースもあります。
一般的に出会い系サイトで生まれた友人関係は簡単に壊れることが多く、恋人はできるけれど友人を得ることは難しいこともあります。

恋人ではなく純粋に友達が欲しいということであれば、出会い系の利用はやめておきましょう。

巷でよく言うように、一般の婚活やSNSとは違い、出会い系サイトでは気を付けなくてはならないことがいくつかあります。男性利用者の場合は、不運なことにサクラやキャッシュバッカーのターゲットとなると、利用されるばかりで、時間やお金の無駄になることもあり得ます。
それから、こちらは恋人を探すことが目的なのに、浮気目的で嘘をついている既婚の相手にひっかかり、トラブルに発展するということも考えられます。このようなトラブルにあわないためにも、慎重さをもって行動するよう心がけてください。
インターネットのSNSサイトやゲームの友達同士が、直接交流する集まりとしてオフ会があります。こういった集まりで恋人が出来たという人も珍しくありません。
だけど、オフ会など、本来の趣旨とは違うのに異性を口説いてしまうと、出会い厨と呼ばれて嫌われてしまいます。

またオフ会で知り合えた異性が恋人が欲しいのかどうかも分からないですし、効率的な探し方でないことは確実でしょう。
同じ趣味を持つ交際相手を探しているなら、初めから出会い系サイトで同じ趣味を持つ異性を探した方が成功率も高いですし、迷惑もかからずお互いにとって良い選択だと思います。

出会い系サイトでうまく会うまでとりつけられないという悩みがある男性は多いですが、多くのサイトでは男性の数がかなり多いので、男性からメールをしてみてもそのまま放置される事もさほど珍しくないです。

また、女性の方から連絡をくれる確率はどれほどありましょうか。

勿論男性の中でも例外はあります。医者、弁護士、社長などの高収入の男性です。
そういう人にはその肩書に惹かれた女性たちからの積極的なアプローチが止まりません。
確かに医者と自己紹介をしておけばそこに惹かれた女性からのメールはたくさん届くでしょうが会えば嘘だとばれてしまうこともありますから困ったことに巻き込まれかねません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です